賃貸についてのWebサイト「自分に合った賃貸マンション探し」

自分に合うマンションを探す

賃貸マンション新生活に合わせての新居探しでは、思い描く生活が始まるワクワクした楽しい気持ちがある反面、限られた条件で決断を迫られたり、物件を忙しく見て回ったりするために、思ったよりも労力を使って精神的にも疲れるものです。また、入居するにあたって敷金や礼金などを支払うようになったり、引越し代金が発生したり一度に大きなお金も動きます。とても大きな買い物といえる物件探しだからこそ、入居してから後悔することのないように、しっかりと計画を立てておこなっていくことが大切です。
賃貸マンションにもさまざまなタイプがあるため、不動産会社に住みたい街や希望の家賃、間取りなどを伝えるだけでは、該当する物件が多く絞りきれなくなり、人気のない物件から紹介されて様子を見られることにもなりかねません。かといって、希望をずらずらと並べてしまっては、一番望んでいるものが相手に伝わらなくなってしまうので、不動産会社の営業さんを困らせることになってしまいます。最初に挙げた条件で絞りきれない場合には、地域を限定したり、駅を指定したり、マンションの設備やデザインを重視したい、などといったより詳しい条件が必要になるため、少し多めの希望をあらかじめ考えておくことが大切です。

また、集合住宅であるマンションでは、自分と気の合う人もいれば、話しずらく感じてしまう人がいるなど、生活スタイルや価値観などの異なる人が沢山住んでいます。人によっても在宅や外出時間など活動する時間帯も違ってくることから、マンション内でほとんど会わなかったり、防音性に優れたマンションであれば隣り合う居住者の存在も忘れてしまうこともあります。しかし、隣接して暮らしている以上、音や水漏れ、においなどのさまざまな問題が起こる可能性があるため、会わないからといって無関心にならない注意が必要です。
物件を選ぶときには、こうした居住者との関係などは見えにくいものですが、内見などの際に住人の様子を気を付けて見たり、同行した営業さんにさりげなく聞いてみることで、マンション内の事情を少し知ることもできます。こういった情報を知っておくことで、入居後の付き合い方や自分の生活がどのようなものになるのかが少しずつ見えてくるのです。

入居してから室内の使いづらさを感じたり、住人との問題などに気が付いて退去したくなったときには、また一から物件探しをおこなわなくてはならないうえに、引越し代や新しく住む物件の礼金なども再び発生してしまいます。時間もお金もかかってくるため、物件選びは安易に決めることのないよう、ポイントを抑えて探したり、想い描く生活を実現させるための条件を挙げて納得のいく自分に合った物件を探しましょう。